【WiFiとLTEと3G】の違いについて

【WiFiとLTEと3G】の違いについて


iPhoneを購入すると、
WiFi 、 LTE 、 3Gと通信機器が3つもあって、
最初戸惑うかもしれません。

LTEと3Gは自動的に切り替わるので
早々考えなくても良いのですが
WiFiは節約にもなって便利ですので、
WiFi 、 LTE 、 3Gの違いについて説明します。


項目を通信速度、アプリ、電池の持ち、
使える場所で違いを表現しますと、
通信速度は、
WiFiやLTEは早いのですが、
3Gだと非常に遅いです。

例えばメールを送信するにしても
送信完了までに非常に長く時間がかかります。
写真などを添付ファイルの着いたメールは、
いつまでたっても相手に送れず
イライラすることもしばしばです。


【アプリについて】
WiFiはapp storeもiTunesも
問題なく使用できるのですが、
LTEや3Gはあまり使用できないようです。

【インターネット】
こちらも、WiFiはスムーズですが、
LTEや3Gは遅いですね。

【電池】
WiFiだと電池の持ちが良いので、
WiFiにした方が良いです。

【使用できる場所】
3つの中では、
3Gが1番どこでも使用可能
LTEは3G回線の中の一部でしか使えません。
WiFiは、徐々に県内を広げてきていますが、
まだ使えるポイントでしか使えないです。

まとめると、
iPhoneを使う醍醐味とも言えるアプリや
インターネット機能を
サクサク使うためにWiFiが必須であり、
電池の持ちが長持ちするので
無線LANであるWiFiをつなげることおすすめします。

iPhoneにWiFiを接続するには
もし、自宅にもともとパソコン等々があって
インターネットのネット環境が
整っているようでしたら、
無線LANの番号をiPhoneに登録するだけで
繋ぐことができます。

ご自宅の無線LANルーターの側面に
貼られている小さなシールをご覧ください。
ssidなどの名称で表示されているものが
ワイアレスネットワークの名称になります。
その下にあるkey・またはpinコード
これがパスワードになります。



・ワイヤレスネットワークの名称とは
今使っている無線LANルーターが発信している
WiFi回線の名前・つまり名称になります。
ルーターの機種名ではないので注意してください。
通常、数字の組み合わせとなっています。


・パスワードとは
上記のワイヤレスネットワークの名称、
つまりWiFi回線に接続するための暗号です。
このパスワードを入力しないと
接続することができません。


逆にパスワードさえ入力しておけば、
自宅だけでなく外出先でも
そのWiFi領域であればWiFiが使えることになります。

ですが、パスワードだけ知っていても、
そのWiFi領域に入った時に
そのワイヤレスネットワークの名称を
知らないと使うことができません。

例えば私は自宅以外では、
NTTの無線LANに加入しているのですが、
スターバックスに行くと、
毎回ワイヤレスネットワークの名称と
パスワード記入を求められます。

フリーランスポットなど、
パスワードを入力しなくても
クリックやタップさえすれば
繋がるサービスもあります。


無線LANルーターとは
無線LANルーターは、
パソコンやiPhone iPadゲーム機器など、
インターネット接続したい機器に
WiFiで接続してあげる機器のことです。

一般的にはインターネットをするためには
有線のモデムに接続して、
そこから無線LANルーターを通して
WiFiでiPhoneやパソコンに接続します。

無線LANルーターは、
1万円前後で家電ショップで購入できます。
今は
・モデム接続の工事をしなくても良い
・即日でつなげる

格安のケータイ無線LANルーターがあります。


携帯なので持ち運びもでき、
外出先でもWiFiにつながります。
また、同時にパソコンやiPadにも
無線でつなぐことができます。
おすすめです!



[PR]
# by khkh3w22 | 2014-06-24 09:36

iphoneを購入したときに最初に感じる【WiFi】【LTE】【3G】の違いについて
by khkh3w22
プロフィールを見る

タグ

ブログパーツ

【WiFiとLTEと3G】の違い

イラスト:まるめな